FC2ブログ

Furakoko

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それとも準備する(BlogPet)

date★2009.07.29(Wed) category★未分類
きょうは「あめ」と申しますと中継する?
それとも準備する?

*このエントリは、ブログペットの「「あめ」と申します」が書きました。
スポンサーサイト

明日から再スタート

date★2009.07.22(Wed) category★未分類
今日の皆既日食・・・
こちらは11時少し過ぎに観られるはずが
雲が邪魔してどんより薄暗いままのひと時だけ。
それでネットとNHKの硫黄島と太平洋上からの生中継で我慢。
すごい!
って言いたいところですが、正直画面では
イマイチな感動で残念(´_`。)グスン
よしっ、次回にかけるか~~(生まれ変わって?)

さて、明日から仕事が始まります。
始めて経験する職種なので、ちょっと緊張・・・
おまけに3ケ月毎の更新なので、即効クビになったらどうしよう、
とか意外に小心者なんだなぁ、ワタシ。

市主催の資格取得講座(秋から~で無料☆)にも応募した、
学生、の部分は秋から縮小、
でも今週末からいつもの試験が始まる、

小さなストレスが溜まりそうな日々・・・

こんな時、「ねぇ今から飲みに行かなーい♪」

気軽に誘える人が近くにいたらなぁヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。

線香花火

date★2009.07.20(Mon) category★未分類
線香花火

夏の夜、幼い子どもたちと一緒に遊んだ線香花火

準備するのは、水の入ったバケツとチャッ○マン、そして花火

最後にやったのはいつだろう

久し振りにいろんな種類を集めて、遊んでみたいなー

でも、どこでする?

この賃貸マンションの1階小さなスペース
近所の公園
閑散とした店の駐車場

どこも’花火禁止’区域、悪くすると通報されそう・・・

ちょっと寂しい夜です


無料につられて・・

date★2009.07.19(Sun) category★仕事
また無職へ逆戻り中・・・

ちょっと遠方のハローワークへ行ってみました。
そこでは、無料でPC講習を受講できる、
というので早速2講座申し込んでみると
今時’無料’しかも2日間なので
予想通り参加するにはスゴイ倍率の抽選を
勝ち抜かなきゃならないとのこと。

くじ運悪いしなー。。
諦めていたら、!!! なんと当選のTELが入りました。

『Excel』と『Word』、どちらも初級の内容。
(2日間X2講座☆)

今さら・・(先生ゴメンナサイ)の内容も多かったけれど
今まで勘と本能に頼って使っていたので、基本中の基本が分かってなかったりして
目からウロコ、とっても良い勉強になりました。

ただ・・教材用のがFDで自宅で復習できないのが難点、
我が家には FDドライブがないですから~(;^◇^;)ゝ

転勤(BlogPet)

date★2009.07.15(Wed) category★未分類
きのうは転勤するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「「あめ」と申します」が書きました。

図書館より

date★2009.07.03(Fri) category★
でやんでぇ! まずは江戸っ子な本二冊

●「小美代姐さん愛縁奇縁」群 よう子著

涙も笑顔で乗り切る人気芸者、粋な姐さんに惚れました♪
子連れで売れっ子芸者!?
お客も中身に惚れるのね♪


●「弥勒の月」あさのあつこ著

小間物問屋の若おかみの溺死体発見をきっかけに
繰り広げられる男たちの葛藤。
舞台はお江戸、そこは切なささえもカラッと感じさせてくれます。

お江戸言葉は読んでいて、気持ち良い♪
お次はバブル組シリーズの一冊

●「オレたち花のバブル組」池井戸 潤著

上から下から、四面楚歌状態のバブル組が銀行を舞台に
一発逆転を狙い奮闘する。
頑張れ負けるな、サラリーマンたち!
エールを贈りたくなります

大きな独り言

date★2009.07.03(Fri) category★大魔王さま関連
近頃の大魔王さま、やけに大きな独り言が多い。

「東京転勤かなー」
「いつ頃だろ」
「断れないよなー」
「やっぱ行きたいよな」
「でもな・・・」

もう、もうぉーーー!!!
自分の人生だもん、悔いのないように決めなっ!!!
あとの事はそれから考えるさっ

・・・っと心の中で独り言を叫ぶワタシ

「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」

date★2009.07.03(Fri) category★未分類
ルーブル(in大阪)の子どもたち、を観に行ってきました。

場所は国立国際美術館、地上には近代的なオブジェがそびえ立っているだけで
館内は地下にもぐる、というユニーク美術館、
おフランスのそれにも通じる(^_^)?

ルーブル、と言えば・・・モナリザ、
ですが今回の主役は子どもたちなので彼女は来日していなくて
子どもたちや母子を題材にした
絵画に像におもちゃなど、いつもと一味違った美術展。

時を越えてやってきた箱入り少女(ミイラちゃん)が
ひんやりした館内で静かに眠っています。
身体を覆っているネットのブルーが鮮やか過ぎて不自然なほど、
と思ったらあれはビーズで作られているとか。

彫刻の『悲しみにくれる精霊』クンは片手で目を押さえ俯いていました。
その表情を下から覗き込んでみると
どうもワタシには恐ろしげに感じでぞっとしてしまいます。
ダークな精霊がこの子・・
ルーヴル 
朝日新聞ルーヴル美術館展HPより

他に印象に残ったのは、少女の胸像たち。
ん?どこかで会ったことあるような変な気分・・
友人にそっくりじゃありませんか!(友人が・・ですね)
少女と言っても、当時の子どもたちは男女の別なく愛らしいお顔立ちで
良く目にするあの羽のあるエンジェル(?)ちゃんぽいのです、みんな。
それに比べダークエンジェルな友人ですが~ヾ(・ε・。)

その友人、つい最近本場のルーヴル美術館を訪れ
映画「ダヴィンチ・コード」になぞらえて熱く語って聞かせてくれて
それで、ワタシのルーヴル熱も盛り上がったというわけです。

京都のルーヴル美術館展で展示しているのは絵画中心。
こっちも観たい!

卒業(BlogPet)

date★2009.07.01(Wed) category★未分類
きのうは卒業した?

*このエントリは、ブログペットの「「あめ」と申します」が書きました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。