FC2ブログ

Furakoko

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれのGW

date★2012.05.07(Mon) category★大魔王さま関連
長かったGWも今日で 終り、家族の過ごし方も今年は変化してきました
大魔王は恐怖の9連休、暇を持て余し一人イジけておりました。
いつ会社からの呼び出しがあるか?と頭から離れず 、折角の長い休みも落ち着けない様子で‥

でも、ワタシは通常通りの仕事~♪

一人暮らし満喫中の長男は、「東京の友達の所へ行く」と話していましたが詳細は不明(-_-;)
食事の事--ご飯はまとめて炊き1食分ずつ冷凍等--や他の事も意外にしっかりやっているようで、
親としては心配したいのに、今のところ不要みたいです。資格取得の試験対策講座にも通い、社会人生活は順調なスタート、彼の人生で初めて‥です!
充実していて、まずは一安心


次男‥もう一度3年生をやらなきゃいけない、と決まる少し前、大きな爆弾を抱えていたことを親に告白‥
一緒にいろんなオシャベリもしていたのに、彼の悩みに気付けなかった自分が情けない~(T-T)そう痛感したでき事でした。 今は本人もひとつ乗り越えた感じで、このGWはバイトに励み、後輩に仕事を教えるのが「楽しい」 なんて話してます

そうそう、昨日遊びに来た次男の友達。
高校大学と一緒でしたが、友達は「他に進みたい道がある」と1年で大学を退学し、
福祉の専門学校で勉強して、この春から希望の老人ホームにめでたく就職。
そんな友達の頑張っている姿にも何かを感じたのかもしれません。
以前は可愛い男子、だったのが、昨日久しぶりに会って話したら頼もしい青年に印象が変わってきていて、
おばちゃんはとっても嬉しかったぞー

特別なイベントもなく、いつもと同じような日々‥
そのなかに小さな小さな'良かった'のあるGWでした(*^^*)






スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

小さい良かったの積み重ね。

長男君も次男君も、それぞれに置かれた環境で
自分なりに頑張ってらっしゃるようで、良かった。

だんだん子供達の悩みも共有してやることが出来なくなり
それを「成長」と喜んでみるものの・・
少し寂しさも感じていたりしてね~

下手すりゃ~私の方が心配されて居たりして・・(~_~;)

長男君の資格取得。
次男君の爆弾が爆発しないように(?)祈ってます(*^。^*)

>わかばさんへ

ありがとう。
これまで長男のことばかり心配してて、ちゃんと向き合ってなかったんだ、次男とは‥そう思わされた告白で‥
本当に生きていてくれて良かったです。「気付いてあげられなくてゴメン」一緒に泣いてました。

No title

いつまでも子どもだと思っているのは親だけかもしれません。

長男くん、元気に満喫しているようですね。
私も、ちゃんと食べてるかしら?とか心配してましたが
心配無用、本人はめちゃエンジョイしてました・・・。

ただ、帰省して自分のマンションに帰るときに
「じゃ帰るわ」と言われるときに
ああ、もうこの子の自宅は大阪のマンションなんだなぁーと
なんとなく寂しいもんでした。

二男くんも、ひとつ壁を乗り越えて
また次へ向かってるようで良かったね。

何気ない小さなウレシイことっていいよね。
家族みんなが元気”これが一番よね!

>オマメさんへ

家族みんな元気が一番、本当にそうですよね。いつも目の届く距離にいてもいなくても‥
二男が自〇サイトに登録してその人達と会い計画を立ててた、って聞いた時、「まさかっ」でね。それから、溜め込んでいた気持ち、抱えてるトラブルを淡々と、でも目を赤くしながら話してくれました。

一人で抱え込んで「もうどうでもいいや」の先に、サイトにたどり着いたそう。でも'リアル'で彼らに会ってみると違和感があった‥

とんでもなく大バカ野郎な母親です。
見守り隊失格だ~(>_<)

No title

長男くん、単身で社会人として頑張ってるようで
隣のおばちゃん?としては、本当に嬉しいです。

次男くんには申し訳ないけれど、こだまちゃんから
長男くんの病気のこととか聞いていたから
どうしても長男くんの動向ばかり気にしてました。
(次男くん、ゴメンねぇ~)

次男くんは彼女もいて、高校大学と青春を謳歌して
いると思っていたので、爆弾発言にはびっくりです。
でも、思い留まってくれて良かった!!!

見守り隊失格、なんて言ってるけど
次男くんがその集まりに参加して「違和感」を感じたのは
親の愛をちゃんと感じていたからだと思うよ。
誰からも愛されてないと感じていたら、そちら側へ行ってたのでは?
こだまちゃんに話を聞いてもらって、次男くんの肩の荷も
きっとうんと軽くなったと思う。
一緒に泣いてくれる親がいる在り難さ、気づいてくれたことでしょう。

特別なイベントはなくても、こだまちゃんには
心に残るGWになったね。^^

>アクアちゃんへ

コメントし辛い重い話だったでしょうに‥ありがとう。
ニュース等で、子どもが自ら逝ってしまった親御さんに対して、何故そうなる前に気付かなかったんだろう?って思ったことがあります。
‥恥ずかしい‥猛省‥
以前、二男といろんなオシャベリをした中で「この子はなんて厭世的なんだろう」と感じたあの時、SOSを出していたのかなぁ、と振り返ってみて分かりました。
そんな大事な信号を見逃しちゃダメダメですね。
年齢的にはもう大人、だけどいつまでも大切な子どもでもあり続ける。これからはもっと感度良くして見守り隊していきます(^^)/

No title

重い話を書くのは、こだまちゃんのほうが大変だったでしょ。
読ませてくれてありがとう。

私の大学時代の仲良しの長男くんが、
大学生に入るため親元を離れて一人暮らしをしていたそうですが
自殺したそうです。
親はもちろん、友達に聞いても、原因は分からなかったとか。
残された親はどんなに辛い思いをしたことか・・・。
私は彼女にかける言葉がかなったです。

親が気がつなかいってこと、意外にあるのかもしれないって
思います。親子でも、全て分かりあえるわけではないんですよね。
私だって、自信ないです。

次男くん、生きていてくれて、本当に良かった。

日々の生活に追われておりますが、私も大きな?子供達に
アンテナをしっかりはっておかないと、って思います。

子育てって、終わりがないのねぇ。。。。


>アクアちゃんへ

お子さんを亡くされたお友だちの心情はどれほどのものだったのか‥
どんな言葉が良いのか、それはご本人にも分からないかもしれませんね。
アクアちゃん自身もそういうお友だちを見ているのは辛かったね。

ワタシは、子育てのつもりが反対に子どもに親として育てられているような気がします。
末永く付き合っていく子どもの方がワタシより気苦労が多いかもね(^^;

ありがとう♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。